トランスポートレイン

トランスポートレイン00


トランスポートレイン01

ハルトとスミレはとくべつな関係。きれいな花ばなの咲く、人里はなれた小さな小さなみどり色の丘にぽつんとたつ、ちいさなちいさな家にふたり仲良く暮らしています。

Haruto and Sumire are in a special relationship.
They live happily together in a tiny, tiny house standing solitarily on a tiny, tiny remote green hill with beautiful flowers in bloom.


トランスポートレイン02

ふたりの毎日はぜいたくなものではありませんが、スミレが作るとくせい料理にハルトはぎょうてんおおよろこび。ハルトがさんぽのとちゅうでつんでくれるきれいなお花にスミレはうっとりしあわせ気分。ときには町にも出かけますし、家ではゆっくりとテレビや音楽を楽しみ、夜にはふたり体をピッタリとくっつけてねむります。そんな素敵な毎日が 2人の中では流れています。

Their everyday life is not luxurious, but special dishes Sumire cooks amaze Haruto and make him very happy. Beautiful flowers Haruto picks when he goes for a walk make Sumire enchanted and happy. The two sometimes go to town or enjoy relaxing at home watching TV and listening to music. Every night, they sleep close together.


トランスポートレイン03

そんなある日、 ふたりに困ったできごとがおこりました。いつものようにさんぽに出かけたふたり。いつものようにハルトはスミレにプレゼントするきれいなお花をさがします。けれどもどこをさがしてもきれいなお花はみつかりません。毎日つみ続けているうちに小さな丘に咲くお花は一りんのこらずなくなってしまっていたのです。きれいなお花をもらったときのスミレのえがおが三度のごはんよりも好きだったハルトはすっかり困ってしまいます。
スミレはそんなハルトにいいました。
「いいのよハルト。お花も大好きだけど、わたしはハルトがお花をくれるときに言ってくれる『大好きだよ』のことばがうれしかったの。だから今日からも『大好きだよ』って、 言ってね。」
そんなスミレのことばにハルトは返事をしました。
「ごめんね。」
そしてふたりは家に帰り、 また体をぴったりとくっつけてねむりました。

One day, the two encountered a trouble. When they went out for a walk as usual, Haruto started searching for a beautiful flower for Sumire. However, even though he looked around the whole place, the flowers were nowhere to be found. All the flowers that used to bloom on the tiny hill had gone after he picked them every day.
Haruto loved to see Sumire’s smile when he gave her beautiful flowers, but now he didn’t know what to do anymore.
Sumire noticed Haruto being disappointed and said to him,
“It’s OK, Haruto. I like flowers, but I liked more the words ‘I love you’ you said to me when you gave me flowers. So please keep telling me that you love me from now on too.”
Haruto replied to Sumire,
“I’m sorry.”
They returned home and again slept close together.


トランスポートレイン04

あくる日の朝、 スミレが目をさますといつもは朝ねぼうのハルトがせっせとみじたくをしています。パリッとそでにおり目のついた真っ白なシャツにストライプがらのネクタイをしめながら、 ハルトはまだねぐせでねぼけなスミレにいいました。
「ぼく今日からトケイジカケの町へはたらきにいくよ。そうすればスミレにプレゼントするお花も買えるしあまいトマトもたくさん手に入るよ。」
それを聞いたスミレはぎょうてんビックリ。トケイジカケノ町になんかいかないようにいっしょうけんめいハルトをせっとくしました。なぜならトケイジカケの町は…。

In the next morning when Sumire woke up, Haruto, who gets up late usually, was already dressing up. While he was tying his striped tie to the crisply-ironed white shirt, Haruto said to Sumire who was still half-asleep with messy hair.
“I’m going to go to Clockwork Town to work so that I can buy flowers for you and get a lot of sweet tomatoes.”
Sumire was astounded to hear that. She tried to persuade him not to go to Clockwork Town. Because Clockwork Town is…


トランスポートレイン05

トケイジカケの町はゆめの町。きぼうに満ちあふれたわかものに、バリバリやり手のサラリーマン、 咲いては消えゆくゆうめいじんであふれています。トケイジカケの町はふしぎな町。日がしずんだ三分後には朝日がのぼり、月がのぼった三分後には真っ赤な夕日が空をオレンジ色につつみこみます。だけど…。
トケイジカケの町はおそろしい町。ふぞろいに流れる時のかんかくを見失ってしまい、きぼうや目的を忘れ、あてもなくただただ生きているだけの人たちがたくさん住んでいます。

Clockwork Town is a town of dreams. The town holds a lot of young people with full of hopes, hard-working businessmen, and celebrities who become popular for a while and fade away.
Clockwork Town is a town of wonder. The sun rises 3 minutes after the sunset and the bright red evening sun paints the sky in orange.
However…
Clockwork Town is a town of dread. In the town live many people who spend their life aimlessly without any desire or purpose as they lose their sense of time because of the time that goes by irregularly.


トランスポートレイン06

「なあに。心配ないさ。今日はとびっきりのおみやげをもって帰るからおなかがジンジンするほどのごちそうをよういしてまっていておくれ。お日さまがくれるよりも先に帰ってくるからね。」ハルトはそういうと、いきおいよく家を飛び出し丘を下っていきました。
ハルトの後ろすがたを見送るスミレは不安なきもちでしんぞうがムズムズとかゆくなるのをかんじました。

“Don’t worry. I’ll come home with a special souvenir today, so please wait for me preparing a feast that will make my stomach numb. I’ll be back before the sunset.”
After saying so, Haruto flied out of the house and went down the hill.
Sumire felt itchy on her heart with uneasiness as she was seeing Haruto off.


トランスポートレイン07

「家を出てしばらくすると、ハルトはトケイジカケの町へ入る入り口を見つけました。それはまるでお子さまランチのチャーハンのようにこんもりともり上がったどてに木せいの小さなとびらがついているだけの、とても中にテクノロジーでエボリューションな町が広がっているとは思えないようなものでした。入り口へと近づきながらハルトはとびらの横の立て看板に気がつきます。
「大人としてのふんべつのあるもののみ、 入ることをきょかする。」
そう書かれたかんばんを前に、ハルトはジワジワとこみ上げるえたいの知れないきんちょうかんで、のどがカラカラになっていることに気がつきました。そして、 いを決してとびらを開くと…。

A while after leaving his house, Haruto found an entrance to Clockwork Town. It was a simple tiny wooden door on a bank mounded like fried rise in the kids’ lunch menu which didn’t seem to be the door to a town with technologies and evolutions. As reaching the entrance, he noticed a signboard standing next to the door.
“Entrance is allowed only to those who are mature and knows right from wrong.”
As reading the sign, Haruto noticed his throat was dried up with unknown nerve which was gradually welling up. Then, he opened the door with grim of determination…


トランスポートレイン08

そこは朝のプラットホーム。けたたましいアラームの音がなりひびくなかで、何本ものせんろの上を何両もの電車が交差しています。ハルトを一番ぎょうてんビックリさせたのが、リーマンとよばれるはたらく大人の数です。電車のとびらが開くと同時に、まるではいすいこうに水がすいこまれるように次から次へとリーマンたちが電車に乗りこんでゆきます。ハルトも負けじとわれ先に体をすべりこませると、電車の中はすしをつめたようにきゅうくつなものでした。
サンドイッチのハムになった気分のハルトは電車にゆられながら思います。
“きれいなお花にピカピカトマト…。今日はスミレのとびきりのえがおがみられるぞ。”

At a station platform in the morning, numbers of cars of the trains on many lines of railways were coming and going while the sounds of alarms ringing loudly. What astonished Haruto the most was the number of working people called “Riemans”. When the doors of the trains opened, Riemans got on the trains as like water flows into the drain. Haruto emulously squeezed his body into the train where jam-packed people were cramped inside.
Felt like being a slice of ham in a sandwich, Haruto thinks,
“Beautiful flowers and shiny tomatoes… Today, I get to see Sumire’s super-duper smile.”


トランスポートレイン09

電車にゆられること一時間と十二分。電車はとあるラジオ局の前に停まりました。そのラジオ局の名は”放送局フェッセンデン”。ハルトが今日からはたらく会社です。ハルトの仕事はアナウンサー。
『さむらいちょんまげとりはとぶ けつえきおおがたおおざっぱ おとことおんながむすびつき べんぱつかんふーちゅうごくじん』
という四行のセリフをマイクに向かって八時間くり返し唱え続けます。
ハルトは初めての仕事を終え、 ほっと一息つくと会社をあとにしました。

After one hour and twelve minutes, the train stopped in front of a radio station. The name of the radio station was “Broadcasting Station Fessenden”. It is the company where Haruto starts working from today. His job is a radio announcer.
“Samurai topknot; fly the birds
O the blood type; easy-going
Man and woman drawn together
Pigtail, kung fu, man from China”
He keeps repeating these four phrases to the microphone for 8 hours. After the first day of his work, Haruto sighed with tiredness and left his office.


トランスポートレイン10

ハルトが家に帰りつくとスミレは今にも泣きそうでうれしそうな顔でハルトをむかえました。長い間どんなときもいっしょにいたふたり。スミレにとっては不安でさみしい一日をすごしたのです。
「スミレ。ぼくはすごく見込みのある新人だそうだ。いっぱいはらたいてきれいなお花にピカピカトマト、他にほしいものなんでも買えるようになるからね。」
「わぁ…。すごいわねハルト。 ありがとう。」
スミレのことばを聞いてすっかりおとな気分のハルト。スミレはうれしさとかなしみを足して、よろこびを引いたようなえがおをうかべました。

When Haruto returned home, Sumire was waiting for him with her face looked she was almost about to cry and at the same time happy. They were always together for a long time. For Sumire, it was an uneasy and lonely day.
“Sumire, they say I’m a promising new employee. I will work hard and we will soon be able to buy anything we want such as beautiful flowers, shinning tomatoes and more.”
“Wow.. That’s amazing, Haruto. Thank you.”
Hearing the words from her, Haruto felt like being a grown-up. Sumire had a look on her face which was like happiness and sadness combined together, then from that, joy has taken away.


トランスポートレイン11

「さあ、 今日もがんばるぞ〜!」スミレのゆううつをよそに家を飛び出したハルトはいきようよう。
今日のセリフは、
『あかくろわかれたランドセル さんばいがえしのホワイトデー はっぽんあしのうちゅうじん きょうさんしゅぎとはいいにくい』
次の日には、
『いまやむかしのクールビズ かみさまのこどもイエスさま たいていひまんはおおぐいで いろじろめがねはアニメずき』
はじめはわけのわからないことばのられつにとまどっていたハルトでしたが、そのピタッとハマるリズムにしだいにむちゅうになり、時がたつのも忘れ仕事にぼっとうしていました。
『さんしゅのじんぎがしんかして パソコンケータイワイポッド みよちゃんはなちゃんけんかして モードにアゲハにもりガール』

“Alright, let’s do some work!”
Haruto flied out of the house with high spirits despite Sumire being gloomy.
His lines for today are:
“School bags distinguished red and black
White Day the day for triple pay-back
Eight legs aliens from out space
Hesitate to tell being a communist”
For the next day:
“Cool Biz everywhere now and then
Jesus who’s the child of God
Fat people often are big eater
Fair-skin glasses who likes Anime”
Haruto was just repeating the enumeration of words making no sense, but he gradually became carried away with the perfectly matching rhythms and was totally wrapped up in his work and lost track of time.
“Three Sacred Treasures upgraded
PC, mobile phone, and y-pod
New fad follower fight each other
High fashion, Garu fashion, Mori Girl fashion”


トランスポートレイン12

「ふぅ〜…。」
一息ついたハルトが時計に目をやるとじこくは五時。
「いけないいけない。 家に帰る時間だ。 今日はおみやげを買って帰ろう。今夜もスミレのとびっきりのえがおが見られるぞ。」
デスクの上をきれいにしたハルトが会社を出ると……。ハルトは外の世界のいへんに気がつきます。
「何かがおかしいぞ?…」
会社の外では夜明けの冷たい空気が流れ、カラスがゴミぶくろをつつき、遠くに見えるビルのシルエットから朝日がかおを出しはじめていたのです。

“Phew…”
Haruto took a breather from his work and saw his watch to notice that it was 5 o’clock.
“Oops, it’s time to go home. I’m gonna go buy something for her. I can’t wait to see her sweetest smile tonight.”
When he left his office after cleaning his desk… He noticed something unusual outside world.
“Something is wrong…”
Outside the office, chilly wind of the dawn was blowing, crows were pecking the garbage bags, and the morning sun was coming out of the dark silhouette of buildings in the distance.


トランスポートレイン13

「おかしいなぁ…。」
まるでじさぼけのようなマジックにこんらんしながらもハルトはえきへの道をいそぎます。
「おい。 わかいおまいさん。」
そんなハルトをよび止めたのはガード下に住むホームレスのろうば、ガードシタグランマでした。
「おまいさんはかんじんなことを忘れとるからね。この町はとんでもない町だ。この町で一日がすぎる間に外の世界では一週間が過ぎ、この町で一週間がすぎる間に外の世界では一日がすぎていく。ようじんするがいいさ。さもなくばいっときも早くこの町を出るがいいのさ。」

“This is weird…”
Haruto was confused by the magic as if he had a jet lag, though he rushed toward the station.
“Hey, young man.”
Haruto was stopped by Underpass Gramma, an old homeless lady who lives at the underpass.
“You forget something very important. This town is a horrible place. One week passes by in the outside world while you spend one day in this town, and one day passes in the outside world while you spend one week in this town. You better be careful. Otherwise, you should get out of this town right away.


トランスポートレイン14

ハルトはガードシタグランマのことばにいっしゅんハッとしながらも、見ず知らずのろうばの頭ごなしなたいどにムカッとしました。
「何を言うんだおばあさん。ぼくはここで仕事をしているのさ。一日が一週間?わけのわからないこと言ってくれないでおくれ。」
ハルトはそうはき捨てると、プイッとあごを空につき出してえきへの道をいそぎました。ハルトはかんづいていたのです。ガードシタグランマが社会にてきごうできない人で、そんな人のことばに耳をかすひつようのないことを。そんなハルトの後ろすがたをガードシタグランマはただただじっと見つめるだけなのでした。

Haruto was surprised by Underpass Gramma at first, but got irritated by unsparing attitude of the stranger.
“What are you saying, old lady? I am working here. One day is one week? Don’t tell me things which make no sense.”
He told the lady in disgust and hurried toward the station with his chin in the air. He knew that Underpass Gramma is one of the people who can’t adapt to the society, so he didn’t have to listen to the words those people say.
Underpass Gramma couldn’t do anything but just to see him off.


トランスポートレイン15

えきへとたどりつき、ホームへのかいだんを上りきったハルトにまたまた目をうたがうようなこうけいを目の当たりにします。さっきまでのさわやかな空気がただよう朝の世界がいってん、そこにはテレビのダイヤルを回したかのように夜の世界が広がっているのでした。さらにさいしゅうの電車がぐうぜんをよそおったかのようにハルトをおきざりにして出発してしまいました。
「そんなぁ…。」
ハルトはこんらんとくやしさでぜつぼうしてしまいます。黄色いせんに両ひざをついてうなだれるハルト。
「なんだか何日も帰ってないようにつかれちゃった。 スミレの声が聞きたいよ…。」
ピチチチチチチ!ピチチチチチチ!!
そんなハルトをぜつぼうのねむりからさまさせたのは背中に聞こえるけいたい電話のちゃくしんおんでした。

When he arrived at the station and climbed up the stairs to the platform, Haruto saw again something unbelievable.
There came the night suddenly as like switching the channels of TV, completely different world from earlier with fresh
air of a morning. Also, the last train just left the station without Haruto as if it was just by accident.
“It can’t be true…”
He was in despair with confusion and chagrin, and fell on his knees on the yellow line.
“I am tired like I haven’t gone home for days. I wanna hear Sumire’s voice…”
Pichi-chi-chi-chi-chi-chi! Pichi-chi-chi-chi-chi-chi!!
It was a cell phone ring tone from his back which awoke Haruto from a sleep of despair.


トランスポートレイン16

ピチチチチチチ!ピチチチチチチ!!
「もんもし〜?あーしあーし。ぎゃわはは!ぎゃわはは!しゅうでん逃しちゃったかんじなんすけど〜ぎゃわはは!」
あたり一面に鼻につくわらい声をひびかせてるのはモバミでした。つねにけいたい電話が手ばなせないせいで、ついにはあごからけいたい電話をもった手が生えてしまったふしぎな女子高生です。
「もんもし〜。おじちゃんしゅうでん逃しちゃったの〜?あーしも!ぎゃわはは!」
ハルトは自分が話しかけられてることに気がついてましたが、まるで電話で話すようなくちょうに「おじちゃん」のよび名にはらが立ちましたし、そもそもあごに手が生えてるなんてふしぎすぎて返事もせずホームを出ていこうとしました。そんなしらんぷりを決めこんだハルトにモバミは言いました。
「スミレの声が聞きたいよ…。」

Pichi-chi-chi-chi-chi-chi! Pichi-chi-chi-chi-chi-chi!!
“Hello? It’s me. Gyawahaha! Gyawahaha! Seems like I missed the last train. Gyawahaha!”
The annoying laughter echoing all over the place was coming from Mobami. She is a strange high school girl with another hand grew out of her chin because she can’t live without her cell phone.
“Helloooo? Did you miss the last train, mister? Me too! Gyawahaha!”
Haruto knew she was talking to him, but he was irritated by the way she talked as if she was talking on the phone and the way she called him, “mister”. Moreover, it was too weird that she has a hand growing out of her chin. So he tried to leave the platform without responding to her. Even though he was trying to ignore her, Mobami said to Haruto.
“I wannao hear Sumire’s voice…”


トランスポートレイン17

「スミレの声が聞きたいよ…。おじちゃんそうゆったよね?」「えっ?」
「あーしがそれをかなえたげる。」
「そ…。それはどういうことだい?」
ハルトはどうようをかくせません。
「三万円。 三万円ちょーだい。そしたらあーしのけいたいをおじちゃんに。そんでもう一つのけいたいを人里はなれた小さな小さなみどり色の丘に立つ、小さな小さな家でおじちゃんをまつスミレさん…だよね?スミレさんのもとへデンパにのせて送ったげる。おじちゃんはもう帰れないしね。ぎゃわはは!…必要だよ。」
ハルトはモバミのことばづかいにまたはらを立ててましたが、こんらんと不安の中に立つハルトには何かを言い返すだけの気力はのこっていませんでした。なぜなら本当に夕方が朝になって、朝が夜中になってしまい、けっきょくハルトは家に帰ることができなかったのですから…。
ハルトは「きっと帰るぞ」というぜつぼうてきなきぼうを心にとどめ、けいたい電話とお金をこうかんすることにしました。

“I wanna hear Sumire’s voice… You said so, right?”
“What!?”
“I can make your wish come true.”
“Wh… what do you mean?”
Haruto couldn’t hide his shock.
“30,000 yen. Give me 30,000 yen. Then I can give you my cell phone and the other one to Sumire-san who is waiting for you in the tiny, tiny house standing solitarily on the tiny, tiny remote green hill… correct? I will send one to Sumiresan through Denpa. You cannot go home anyway. Gyawahaha! …You need it.”
Haruto was again irritated by the way she talked, however he was too confused and anxious to have any energy to say something back to her. Because it really happened that the evening became the morning and the morning became the middle of night, then he couldn’t go back home…
He said to him, “I will go home!”, even though he knew it was a hopeless hope, and exchanged his money with a cell phone.


トランスポートレイン18

ぎゃわはは!そうこなくっちゃおじちゃん!!」ハルトはもうおこりもしませんでした。さっそくモバミはぐっと両手をにぎりしめふんばるようにひざを曲げるとさけびました。
「それいけ!そーーーーーーーしん!!!!!」
モバミのインチキでマヌケな叫び声にゆううつな気持ちがまぎれたハルトは少しだけ楽しくなってしました。それと同時にモバミの手からはけいたい電話が飛び出し、空高くはばたいていきました。
「もうとどいてるよ。ぎゃわは!スミレさんとこ。」
「え? …もう?」
「そっ。…ったりまえじゃん。デンパの早さよ?ぎゃわは!333の77の9999ね。かけてみて。」
「え? …あ、うん。333の77の9999………。」
………。

“Gyawahaha! Now you’re talking!!”
Haruto didn’t get angry anymore. Mobami immediately made tight fists, squatted down, and yelled out loud.
“Here it goes! Soooooooshin!!!”
Her phony and silly shout shook off Haruto’s depression and made him a little bit entertained. At the same time, the cell phone jumped out of her hand and flew away high in the sky.
“It’s already there. Gyawaha! At Sumire-san’s place.”
“What? …So quick?”
“Yep. Of course. It is the speed of Denpa. Gyawaha! It’s 333-77-9999. Try to call the number.”
“What? …Yeah, right. 333-77-9999………”
………


トランスポートレイン19

ピチチチチチチッ、ピチチチチチチ…。ハルトはむねのドキドキをのみこんでスミレが電話に出るのをまちます。
ピチチチ…。
「…は……い?」
「スミレ? ぼくだよ! ハルト。」
「ハルト? …ハルトなの!?どうして帰ってこないの?もう一週間も帰ってこないじゃない。わたし…さみしい。」
「い、一週間だって!?」
ハルトはトケイジカケの町に来てしまったことをいまさらこうかいしてしまいます。ハルトにはもう時間のかんかくがありませんでした。
「とにかく早く帰ってきて。とてもとてもさみしいの。それとさっき変な帽子をかぶったかいぶつみたいな人がやってきてこの電話をわたしてくれたの。ハルトのお友だち?」
スミレの声からは涙があふれていました。
「う〜ん。 ……そうだよ。」
ハルトにもよくわかりませんでしたが、スミレを安心させるにはそう答えるほかありませんでした。

Pichi-chi-chi-chi-chi-chi-tt, Pichi-chi-chi-chi-chi-chi…Haruto gulped down his pounding heart and waited for Sumire to answer the phone.
Pichi-chi-chi…
“Yes…?”
“Sumire? It’s me, Haruto!”
“Haruto? Is it you!? How come you don’t come home? You’ve been away for a week. I miss you…”
“What!? One week!?”
He now regretted to have come to Clockwork Town after all this time. He didn’t have sense of time anymore.
“Anyhow, come home soon. I feel very lonely. By the way, somebody who looked like a monster wearing a weird hat came to me and gave this phone to me. Is he your friend?”
Sumire’s voice sounded like with full of tears.
“Well, yeah…. He is.”
He didn’t understand it but didn’t have any other way to answer to reassure her.


トランスポートレイン20

「ごめんよスミレ。すぐには帰れないんだ。もう朝日がのぼるころだろ。だから仕事にいってからからじゃなきゃ。」「なにをいってるのハルト。もう日がくれる時間じゃない。」
「とにかくここは朝なんだ。スミレだってここがどんな町か知ってるだろ?しかたがないんだ。」
ハルトの少しイライラした話し方にスミレはもう何もいえませんでした。
「ごめんよスミレ。それじゃあ、いってくるね。」
こうしてハルトはまた会社へとおもむき、少しだけ好きになりはじめた仕事をはじめました。
『おもてのはらではえがおみせ なみだがながれるうらはらに ことばとこころがいきちがい しぜんとスマイルくせになる』
ハルトはそんなセリフを口にしながらとてもとても悲しい気分になってしまいました。

“I’m sorry, Sumire. I can’t go home now. It’s already the time the sun rises. I can’t go home until I finish work.
“What are you talking about, Haruto? It’s already time for the sunset.”
“Anyway, it is morning here. You know how it’s like this town, don’t you? I have no choice.”
Hearing how he talked with a little frustration, she couldn’t say anything anymore.
“I’m sorry, Sumire. Well, I gotta go.”
Thus, he went back to his office and started his job which he began to like a little.
“Show some smiles on your face
Despite the tears on your cheeks
Words and minds don’t come together
Smile becomes naturally one of your habits”
Haruto was feeling sad while he is speaking the phrases to the microphone.


トランスポートレイン21

仕事が終わるとハルトはもう一度スミレに電話をかけました。「333の77の9999…………。」

ツーーーッ、ツーーーッ、ツーーー………。

しかしハルトが何度かけても電話はつながりません。

「おかしいなぁ…。」

「おっさん。 …おっさん!!!」

ハルトが電話を手に困っているとなにやらなまいきな声が背中の方から聞こえてきました。


トランスポートレイン22

ハルトがふりむくとそこに立っていたのはリル・チーキーでした。悪いことが大好きなノーフューチャーな高校生です。「おっさん電話つながらなくて困ってんだろ?これやるよ。これかぶるとデンパガンガンだよ。へへ。」

リル・チーキーがさし出したのはアンテナのような形をしたぼうしでした。

「え? …いいのかい?」

「いいよいいよ。おっさん困ってるんだろ?ほら。かぶんなって。へへ。」

リル・チーキーのあやしげな話し方をうたがうようなれいせいさをハルトはすでにうしなってしまっていました。そしてハルトはおそるおそるぼうしを頭にのせました。すると……。


トランスポートレイン23

ガガガガガガガガガガガガガガガガガガ!!!!!!!ギギギギギギギギギギギギギギギギギギ!!!!!!!ハルトの頭の中ではテレビのすなあらしのようなさわがしい音がなり、まるで電流が走ったかのようにハルトは体をビクビクとふるわせました。

「へへ。 おもしれーや。」

リル・チーキーがそういうとハルトはピタッと体をこうちょくさせ、ついにはきぜつしてしまいました。


トランスポートレイン24


トランスポートレイン25

………。ハルトがきぜつしてどれだけの時間が流れたのでしょうか。

やがてハルトはまるでびじゃくな電気が全身をかけめぐるようなしびれをかんじながら目をさましました。

すると……。


トランスポートレイン26

「こ、 これはいったい……?」すぐさまハルトは体のいへんに気がつきます。そのいへんとは、紙ねんどをこねて作ったようなぶさいくな体だけではなく、アンテナぼうしを通してみるみる体に入ってくるデンパエネルギーのことです。

ハルトはデンパエネルギーが体にみちてくるのをかんじながらこの世のすべてを自分がかえられるようなかじょうな自信をかんじはじめました。そう、 ハルトはデンパ ・ イーターとしてすがたをかえてしまったのです。


トランスポートレイン27

「よし、スミレに電話だ!」デンパ・イーターはさっそくあいするスミレに電話をかけてみることにしました。

「333の77の9999……。」

ピチチチチチチッ、 ピチチチチチチ…。

デンパ・イーターはごくりとのどをならしスミレが出るのをまちます。

ピチチチチチチ…。カチャッ。

じゅわきのむこうで「カチャッ」という音が聞こえたしゅんかんでした。


トランスポートレイン28

ヴォ〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!デンパ・イーターが手にしていたけいたい電話がすべての人のこまくをやぶるほどのばくおんをたて、まるでそうじきのようにデンパ・イーターをたちまち画面の中へと吸い込んでしまいました。

そして、 その画面の中でデンパ・イーターをまちうけていた世界は…。


トランスポートレイン29

なんとそこはスミレのまつ小さな小さなみどり色の丘に立つ小さな小さな家の部屋の中だったのです!「あ、あなたはけいたい電話をとどけてくれたあの時の…。」

スミレはとつぜんけいたい電話から出てきたデンパ・イーターにこんわくしています。

「スミレ。ぼくだよぼく。ハルトだよ!」

「え?何をいってるの?あなたはいったいだれ?ハルトはどこ?………ハルトをかえして!!!」

スミレはこわくなってしまいとうとう泣き出してしまいました。泣きじゃくるスミレにすっかり困ってしまったデンパ・イーター…。

するとデンパ・イーターのおなかがプニッと割れて、そのすきまからはきれいなお花にピカピカトマト、ゲームコントローラーにワイポッドといった人々がほしがってやまないものたちがスミレをなぐさめるように次々と出てきました。


トランスポートレイン30

デンパ・イーター自身もそのげんしょうにおどろきましたが、思わずスミレにこういってしまいました。「ほらスミレ。きれいなお花にピカピカトマトだよ!おまけにゲームにワイポッドに…ほらお金もたくさん……。」

「もういや!!ハルトはどこ?あなたなんて大きらい!!!!!」

スミレはそういうとけいたい電話をひろい上げ、赤ボタンを押してしまいました。すると……。

ヴォ〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!!!!

先ほどと同じようなばくおんがなりひびき、デンパ・イーターはスミレのけいたい電話に吸い込まれ、トケイジカケの町へと逆戻りしてしまったのです。


トランスポートレイン31

トケイジカケの町へと引き戻されたデンパ・イーター。スミレとのさいかいがまるでげんかくであったかのように思えてきました。困ったかおのスミレ。泣きがおのスミレ。思い返してみるとどれもデンパ・イーターが見たことのないスミレでした。むしろこれがげんかくならどんなにいいだろう…。もうきらわれちゃったかもしれない。それでもスミレにただただ会いたい…。

このプッシュボタンをおせばまたスミレにきっと会える。ちゃんとせつめいすればわかってくれるかもしれない。デンパ・イーターはゆうきを出してもう一度スミレに電話をかけることにしました。

「333の77の9999……。」

ピチチチチチチッ、ピチチチチチチ…。ピチチチチチチッ、ピチチチチチチ…。

どれだけまってもスミレが出ることはありません。そしてデンパ・イーターはとほうにくれてしまいました。


トランスポートレイン32

そのころスミレはハルトのいない部屋でシクシクとないていました。ひとりぼっちのスミレ。『スミレ。ぼくだよぼく。ハルトだよ!』

紙ねんどをこねて作っただけのような、あのかいぶつの声はたしかにハルトとにたいとおしい声でした。

「わたしがまっているハルトはもういないのかもしれない……。」

スミレははてしなく終わりのないさみしさに包まれてしまいました。すると、

ピチチチチチチッ、ピチチチチチチ…。

とつぜんスミレをおどろかすように、またけいたい電話がなりはじめました。

「もうあのかいぶつを見るのはいや!」

そういうと、スミレは耳をふさぎただただ泣きくれるのでした。そんなスミレにまたふしぎなげんしょうがおこるのです。


トランスポートレイン33

ポタポタと流れおちるスミレの涙。その涙がまるでふうせんのようにフワフワとうかび上がり、小さな家のてんじょうからまどの外へとつたい、空へとまい上がっていくのです。それをみたスミレはあわてて家の外へと飛び出します。すると空にはスミレの涙で作られた雲がモクモクと広がり、今にもどしゃぶりになりそうなかおでスミレを見つめているのでした。


トランスポートレイン34

そのころ、デンパ・イーターはあいかわらずとほうにくれいていました。こんなすがたでは、はずかしくて会社にいくこともできません。「やっぱりけいたい電話の中でスミレに会うなんておかしいや。」

ちょっぴり反省したデンパ・イーター。

「この町はぼくのいるべきところじゃないのかもしれないな…。よし!スミレがまっているぼくたちのあの小さな丘に続く電車をつかまえるぞ!」

スミレのえがおをそうぞうするとデンパ・イーターは少しだけ元気を取り戻しました。じこくは午後三時。しゅうでんまでの時間はじゅうぶんにありますが、ここはトケイジカケの町。また町の時間がくるって電車を逃がしてしまうかもしれません。

「いそがなきゃ!!」

そんなデンパ・イーターに、また二つのかげがしのびよるのです。


トランスポートレイン35
「よう! おっさん!」
「おじちゃん! さーしぶりー! ぎゃわはは!」デンパ・イーターがふりむくとそこに立っていたのはリル・チーキーとモバミでした。「おじちゃん家に帰るんだって? むりだよ。 ぎゃは!」
「おっさんはもうこの町の住人さ。 てか、かえさねーし」ふたりはいかにもわるいことをたくらんでいるような目でデンパ・イーターを見つめています。

「なにをいうんだ! ぼくはこの町にきれいなお花やピカピカトマトを…」

「るせー!!」

デンパ・イーターのことばをさえぎったのはリル・チーキーでした。

「おっさんそのかっこでスミレってやつに会えるのかよ?もう昔のことは忘れてここで楽しもうぜ。いいことおしえてやるよ。この町に一ヶ月もいればもう外の世界のことは忘れちまうんだぜ。おっさんがここにきてどれだけの時間がすぎたか知ってるかい?おれもわかんねーし、おっさんもわかんねー。だーれもわかんねーよ。この町も時間はくるってるかんね!」


トランスポートレイン36
リル・チーキーがそういうと、ふたりはデンパ・イーターにつかみかかりました。「おじちゃんプリクラとりいこ! ぎゃわはは!」
「昔も未来もないこの町で楽しもうぜ!!」「はなしてくれよ!ぼくはあの丘に帰るんだ!スミレのえがおに会いにいくんだ!!!!!!!」デンパ・イーターが手足をばたつかせても、やはりふたりがかりの力にはかないません。

そのときです。

ゴロゴロゴロゴロ………。
ピッカーーーーーーーーーーーン!!!!!!!
ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……。

先ほどまで世のリーマンのかおほどのペールブルーが広がる空が一転してむきしつなコンクリートグレーのくもり空へとかわり、やがてかみなりと大雨がはげしくふりはじめたのです。そして雨水にうたれた三人は……。

バチバチバチバチ……!!!!!!!

まるでテレビをプールになげこんだかのように、体中からけむりを上げ、かんでんした体をビリビリとふるわせました。


トランスポートレイン37


トランスポートレイン38

…………。三人がきぜつしてどれだけの時間が流れたでしょうか。やがてデンパ・イーターはしんせんな空気がぜんしんをかけめぐるようそうかいさをかんじながら目をさましました。すると…。

なんとデンパ・イーターはスミレがあいした昔のすがたに戻っていたのです!

とまどいながらもよろこぶハルト。そのよこではリル・チーキーとモバミがまるででんちが切れたおもちゃのようにたおれていました。


トランスポートレイン39

かつてのすがたを心を取り戻した今、うかうかとしているひまはありません!町の時計に目をやるハルト。じこくはまだ午後の三時。ふしぎな雨にぬれたトケイジカケの町はその時計のはりをすすめることをやめてしまったようです。

「さあ、 小さな小さなみどり色の丘のぼくらの家に帰ろう!スミレのまつあの小さな小さな家に!!」

「ちょっとまつがいいさ、 おまいさん」

えきへ走り出そうとしたハルトを背後からまた別の人がよび止めました。


トランスポートレイン40

ハルトがふり返るとそこに立っていたのは、あのときハルトにちゅうこくをしたガードシタグランマでした。「おまいさんは、かんじんなことを忘れとるからね。」

またおせっかいがはじまった。ハルトはめんどうなひょうじょうをガードシタグランマに見せました。

するとガードシタグランマはおもむろに手にぶら下げてるビニール袋から、きれいなお花やピカピカトマトを取り出しハルトにさし出しました。

「おまいさんはかんじんなことを忘れとるからね。ほれ。」

「あばあさん……。ありがとう。」

ハルトは自分のたいどを反省しながら、すなおじゃないお礼をいいました。なんとなく、なんとなく彼女のことを昔からしっているような、そんな気分にもなりました。

「気をつけて帰るがいいさ。」


トランスポートレイン41

やがてえきへとたどりついたハルト。電車はハルトがやってくるのをまっていたかのようにやさしい光をはなち、ハルトが席にすわるって間もなくしずかに発車しました。きれいなお花にピカピカトマト…。そしてこの町でおぼえたこきみよいポエムをスミレへのおみやげにしよう。

『ピカピカトマトのスパゲッティ みどりのおかにははながさく ハルトがハートをおもいだし スミレはスマイルとりもどす』

ハルトはそんなとくいげなことばをブツブツととなえながらいつのまにかねむりについてしまいました。


トランスポートレイン42

……zzZ……zzZ

「も〜〜う。 ねぼすけさん」

ゆめなのかげんじつなのか、 ハルトはそんなことばを聞いて目をさましました。すると……。


トランスポートレイン43

!!!!!!!?なんと目をさましたハルトはあのなつかしい小さな小さなみどり色の丘にたつ小さな小さな家のベッドの中にいたのです。

「ゆ………め…?」

ハルトはしんしつを飛び出し、いとしいいとしいスミレにまるで100年も会っていなかったかのようなくるおしさでリビングルームへと走りました。


トランスポートレイン44

しかし、そこにスミレのすがたはなく、一まいのメモがテーブルにおかれているだけでした。『トケイジカケの町にハルトをさがしにいきます。もし先に戻ったらパスタをチンして食べてね。 スミレ』

ハルトはメモを声に出して読んだ後、ゆめとげんじつをいききするようにまぶたをパタパタとさせ、ようやくぎょうてんビックリしてしまいました。

「いけない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


トランスポートレイン45

ハルトはほうりなげたメモがひらひらと床におちる前に家を飛び出し、かいそくとっきゅうのスピードでトケイジカケの町へと走り出しました。「あんなおそろしい町へなんかいかせちゃいけない!!」

トケイジカケの町はおそろしい町。ふぞろいに流れる時のかんかくを見失ってしまい、きぼうや目的を忘れ、あてもなくただただ生きているだけの人たちがたくさん住んでいます。

ハルトがどんなにはやく走ってもあふれだす涙をかわかすことはできません。これまでにスミレにかけ続けたしんぱいをくいるようにハルトはワンワンと泣きじゃくりながら全力しっそうです。


トランスポートレイン46

あっという間に町にたどりついたハルトは、かくえきていしゃをおいこすように、えきのかいだんをはねおりました。もう戻るはずなどなかったこの町はハルトがいたときよりもどんより暗く、うっそうとたたずむビルに同じかおをしたリーマンたちやカラスのむれがスミレをひっしでさがすハルトのゆくてをさえぎるようでした。

そんなかれらをかきわけ、キョロキョロとスミレのすがたをさがしますが夜がくれても日があけてもいっこうに見つからず、ハルトはだんだんと元気をなくしていきました。

「おい、 わかいおまいさん。」


トランスポートレイン47

そんなハルトに声をかけたのはまたしてもガードシタグランマでした。「ハルト……、なぜまたこんなところに?」

ガードシタグランマはいつもとはちがい、少しどうようした様子です。

ガードシタグランマに再会したハルトは少しだけホッとしたのか、

「おばあさん……。スミレという赤いふくをきた女の子を見なかったかい?黄色いネックレスに黒いくつ、少しおもたそうなかみの毛にクリンとしたまつげ、それでそれで……」

と、まき立てるようにいうとハルトはとうとう大ごうきゅうしてしましました。

そんなハルトのすがたを見たスミレはとうとうがまんできなくなり、まるでタイムスリップしてしまったかのような老いたすがたでハルトのむねに飛び込み、いっしょに泣きくれてしまうのでした。

おしまい